忍者修行の里・赤目四十八滝 ~目で、耳で、心で体感~

2015-05-13

漫画やアニメの影響で、海外でも多くのファンを持つ「忍者 Ninja」。

今年から2月22日が「忍者の日」と制定され、日本でもじわじわと“忍者ブーム”が到来しつつあるのをご存じですか?

その忍者の修行を楽しく体験でき、近畿・東海屈指のヒーリングスポットでもあるのが、

今回ご紹介する『赤目四十八滝』なんです。

 

 

貴重な大自然とそこに生きる生物 ~目で、耳で、心で体感~

 



赤目四十八滝の魅力は、なんといっても太古の姿そのままの大自然!

滝をつなぐ4kmの遊歩道は、往復3時間~3時間半という初心者でも手軽に楽しめるコースでありながら、

桜や新緑、紅葉といった四季折々の自然を満喫することができます。

滝は目に見えるだけでも23瀑!

「赤目五瀑」として有名な不動滝、千手滝、布曵滝、荷担滝、琵琶滝の他にも、夫婦滝や雨降滝など、

名前の由来と照らし合わせながら眺めたい滝が多彩に存在します。

 

最近では、スタート地点の「日本サンショウウオセンター」から5分程度、お年寄りでも気軽に歩ける

霊蛇滝の吹き抜け空間を“見上げる空間”。さらに片道50分程度、15m×10mもある一枚岩が広がり、

水彩画にも似た美しい風景が広がる「百畳岩」周辺を“森と水の空間”と名付け、新たな憩いの場となっています。

でも、こういった自然風景だけがココの魅力と思ったら大間違い!

例えば、赤目滝の入り口「日本サンショウウオセンター」。赤目は特別天然記念物であり、

“生きた化石”と言われる「オオサンショウウオ」の生息地としても知られ、

このセンターでは、貴重な個体を間近で観察することができるんです。その想像以上の大きさや、

実は愛らしい(?) 瞳など、ぜひこの機会にじっくり観察してみて下さい。

 

他にも初夏にはカジカガエルの鳴き声が聞こえて来たり、夜には幻想的な蛍の光が宙を舞ったりと、

普段接することができない様々な生物を身近に感じることができますよ。

そして、ちょっとマニアックな楽しみ方をするなら、足元に注目。そこには渓谷の岩肌を覆う、緑鮮やかな「コケ」が。

ここは日本でも貴重なコケの生息地として、専門家が研究に訪れる場所でもあるんです。

「赤目は以前行ったことがある」という方は、こんな目線を変えた楽しみ方もオススメ♪

滝だけでない、大自然の魅力がいっぱいの赤目四十八滝。全国でも希少なこの環境を、散策にはピッタリなこの季節に満喫して下さい!

 

【注目イベント案内】

◎ 6/1(月)~11/1(日)
滝に打たれて自分をみがくECOツアー

◎ 6/13(土)~6/28(日)
赤目の蛍ウォッチング(希少ボタルを間近で観察!)

◎ 6/20(土)
夏至のキャンドルナイト

※他も多彩なイベントを随時開催中!詳細はHPにて。

http://www.akame48taki.com/home.html